言葉の力

  • 2017.07.01 Saturday
  • 08:30

 

県老施協 養護老人ホーム委員長 田島 加恵子(養護老人ホーム東光園)

 

  今年2月、当園の最高齢者が百歳の誕生日を迎えられました。当園で利用者が百歳の誕生日を迎えられるのは11年ぶりのことなので、とても嬉しく思っています。この利用者Wさんは、足腰は少々弱くなり、移動は車椅子を使用しているものの、とてもお元気に過ごされています。先日、Wさんとお話しをさせて頂いた時のことですが、Wさんが、「私はどこかへ出かけた後に、『疲れた』と言うのが嫌いだし、言いたくないの」と言われました。また、「あちこちが『痛い』と言うのも嫌だから、自分で貼れるところは自分で湿布を貼っているの。自分で貼れない背中は、職員さんが来てくれた時、ついでに貼ってもらっているの。」と笑いながら言っておられました。これを聞いて、私はWさんの半分ほどの年齢にもかかわらず、年中あっちが痛い、こっちが疲れたと言っていることを恥ずかしく思い、反省するばかりでした。Wさんについては、職員からも、「夜勤の時に居室に伺うと、Wさんはいつも労いの言葉をかけて下さるので、励みになります。」とたびたび報告があります。これは年齢とは関係なく、Wさんのお人柄によるものだとは思いますが、他者を思いやる気持ちや言葉の力を感じます。

  言葉と言えば、私たちの仕事は他の業種に比べて、「ありがとう」と言って頂けることの多い仕事だろうと思います。つらい仕事の最中に「ありがとう」とひと言かけられたことで、疲れが吹き飛び、元気が出てきた経験がある方も多いことと思います。「ありがとう」という言葉は元気の源となるように思いますが、逆に「疲れた」とか、つい言ってしまう「忙しい」等の言葉は元気が奪われるような感じがします。自分では何気なく言った言葉が、自分のみならず、周囲にも大きな影響を及ぼすことは間々あることです。仕事中に限らず、日々、周囲が明るく元気になるような言葉を使っていきたいものです。

GGG・・・ぐんまのG

  • 2017.06.01 Thursday
  • 08:30

県老施協 広報副委員長 工藤エミリ(特別養護老人ホームきざきの郷施設長)

 

全国のゆるキャラが人気を競うゆるキャラⓇグランプリとは、「地域や企業に根差した活動を行っている、ゆるキャラさんたちの1年に1回のお祭り」の事です。全国的に秋のイベントの一つとして定着しつつあります。 投票はインターネット上で行われ、今年は、三重県桑名市ナガシマリゾートにて表彰式などが開催されます。群馬県老人福祉施設協議会のゆるキャラマスコット「Gちゃん」も今年はついにエントリーする事になりました。残念ながら「Gちゃん」は、まだまだ知名度が低く、2014年のゆるキャラグランプリの覇者となった「ぐんまちゃん」には太刀打ちできませんが、なにとぞ皆様の力を借りて全国に向けてアピールできたらと思います。そして、上位を目指し全国に送り出したいと思っています。一日1回投票できますので、毎日の日課として群馬県老人福祉施設協議会のゆるキャラマスコット「Gちゃん」に愛のクリックをお願いします。投票は、携帯、スマホ、PCメールからそれぞれ投票できます。投票期間は、平成29年8月1日(火)〜11月10日(金)です。私たちの目的は、もちろん「ゆるキャラグランプリ」の順位を上げる事だけではなく、群馬県老人福祉施設協議会のイメージアップや周知、会員を元気づけることが第一です。また、一致団結という目的に向けた地道な活動を継続していくことにより、皆様の理解を得て、多方面からの協力が得られる体制が整う事によって初めて、活性化のスタートが切れるのだと考えております。今後も地域、会社、企業、日本を元気にしてくれるゆるキャラさんたちにはそれぞれの個性と使命を生かしていただき、頑張ってもらいたいと思いますが、群馬県民が一丸となって応援をすれば、「ぐんまちゃん」に続き、群馬県老人福祉施設協議会のゆるキャラマスコット「Gちゃん」も覇者となるのも夢ではないと思います。応援よろしくお願いします。

 

★Gちゃんプロフィール

老人福祉、介護を身近に感じていただき、介護職への関心を高め、群馬県老人福祉施設協議会のPRに努めます!

ニックネーム Gちゃん
(Gは群馬、Good、元気、おじいちゃんのG)
たんじょうび 11月11日(介護の日)
住んでいるところ 前橋市
性   格 地域の人、子供が大好き
困った人などを放っておけない
好きな食べもの おっきりこみうどん、焼きまんじゅう
好きなこと ダンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本当のプロフェッショナルとは」

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 10:07

 

県老施協 研修委員長 後閑善之(特別養護老人ホーム希望館)

 

  今、施設に求められるもの。それは「プロフェッショナル」だと良く言われます。

  先日、ある職員から「プロフェッショナルとは何でしょうか」と聞かれました。私はしばらく考えた後「アスリートにしても仕事をするにしても、不安や自信の無さを人一倍に感じ、その不安や自信の無さを解消するために毎日、目に見えない練習や努力をすること。これが本当のプロフェッショナルだ」と答えました。

  介護の現場においてもしかり。他職種が協働して利用者のために毎日接する中で、それぞれの職種がお互いを認め、切磋琢磨して己の人間性を向上させる。その努力は決して周りには見えないし、決して見せない。時代が変わっても、立場が違っていても、これだけは決して変わらない、いや変えてはいけないものだと思っています。

  新年度を迎え、今年も新しい新規採用職員が入職しました。不安と希望を胸に秘め、利用者と向き合うその姿は、毎年のことながら良い意味での緊張感をもたらしてくれます。新人だろうが、ベテランだろうが、経験年数関係なく報酬をもらう立場であれば利用者のために、真の「プロフェッショナル」を目指さなければならない。私も含め、これからも職員たちへ伝え続けていきたいと改めて感じています。