『コラムって…』

  • 2017.12.01 Friday
  • 08:30

                   県老施協 生活相談員研究部会長 中嶋 高志(特別養護老人ホームかまくら)

 

 「じゃあ、中嶋君に相談員研究部会の部会長をお願いしないとね。」と、この春の上司の異動により、急遽引き受けることとなった生活相談員研究部会長の役。

 日頃、施設内での入居者様やご家族様との関わりとは異なり、同業の諸先輩方と共に活動をする機会は、なんとも言い難い緊張感と沢山の刺激になりました。

 そして今回の「コラム」執筆の依頼。30余年の人生で初めてのコラム執筆を経験することとなり、どういったテーマで書こうかと頭を悩ませておりました。仕事の事や、趣味の事など、なかなか書き始められずにいるうちに、そもそも「コラム」とは一体どういった文章となるのか…という疑問に辿り着き、早速調べてみました。

 「コラム」とは、一般的には一定の枠により囲まれた短い評論文。本来「縦列」または新聞・雑誌の「欄」を意味します。ラテン語では「カラム」といい、円柱を指します。日本の縦書きの新聞には横長の余白ができるように、横書きの英字新聞には、縦の余白ができるため、その様が「円柱」に似ていることから、縦に空いた余白スペースを有効的に使って書かれる記事を「コラム」と呼ぶようになったそうです。

 限られた文字数内での文章のため、内容を簡潔に分かりやすく整理し、書き手の思いや考察も盛り込んでいく必要があり、文章構成が要となります。上手いコラムの書き方には、日本の舞楽などの脚本構成で用いられる「序破急(じょはきゅう)」があり、起承転結の4段構成に比べ分かりやすい場面展開が、限られたスペースで書き手の考察を伝える際に効果的な文章構成であるといえるのでしょう。これは、スピーチや会議等においてもとても有効な会話術といえ、分かりやすい状況説明は日頃ご家族様への説明時などでも心掛けたいことです。ご家族様の聞きたい事、施設側の伝えたい事が、入居者様にとって大切なことであればある程、専門的な事は分かりやすく簡潔に伝え、その上でどういった事を望まれるのかをしっかり傾聴できる存在でありたいです。そして、今後どのような生活を送っていただけるのか、一緒にこれからについての考えを深め歩んでいくことで、最期の時までの尊い時間の余白に彩を添え、その方らしい充実した日々を送っていただけるよう支援ができればと、このコラム執筆の機会を通じ改めて感じることができました。

スポンサーサイト

  • 2018.05.18 Friday
  • 08:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする