1年はじまり

  • 2018.02.01 Thursday
  • 08:30

県老施協 栄養調理研究部会長  伊藤亜希子(特別養護老人ホーム春日園)

 

2月3日は節分です。

節分は字の通り季節の分け目という事で、本来は1年に4回ある事になります。(春夏秋冬)

一般に広まっているのが、季節が始まる立春2月3日頃とされています。

 

豆まき

小さい頃より鬼のお面をかぶったお父さんに豆をぶつけてきました。

さて?

なぜ鬼?

なぜ豆?

考えてみれば当たり前に行ってきた風習ですが、、、謎が多い・・・

鬼は悪しき物の象徴であり、季節の分け目には鬼門(鬼の通り道)より邪気が入り込むとされていた。

豆は“魔目=魔の目”に豆を投げつけ“魔滅=魔を滅する”という、、、ダジャレの様な理由と知り苦笑。

年の数だけ豆を食べると1年病気にならずに健康でいられる。

子供の頃はおじいちゃん、おばあちゃんに数を数えて渡していたものです。

70、71、72、73…はい。おじちゃんとおばちゃんの分。

今思えば、祖父母は苦虫を潰した様な表情を浮かべ、かろうじて口角だけを上げて見せていた。

高齢者に70粒超えはしんどい・・・子供ながらに天使の微笑みで拷問の様な仕打ちをしていたのかと、、、胸が痛むと共にノスタルジックな気持ちとで、複雑な思いがよぎった。

 

恵方巻き

家族総出でその年の恵方を向いて願い事を思い浮かべ無言で太巻きを丸かじり・・・

これもまた何ともシュールな風習です。

恵方?

なぜ無言?

なぜ太巻き丸かじり?

恵方とは福徳を司る歳徳神(としとくじん)が居る方角・・・

2018年の恵方は南南東・・・意外と細かな位置情報である。

その神のいる方へ向かい

願い事を心に唱えつつ、福を巻き込む太巻きを、運を切らない丸かぶり!!

中々な太さの巻き寿司に苦戦し食べる事に夢中になると願い事は疎かになり、、、

願い事の復唱にかまけていると太巻きを詰まらせる、、、

福の神への依頼は困難を極める。

 

 

とにもかくにも・・・

節分の起源は諸説あるが、古くは室町時代からとされている。

邪気の到来を知り魔を滅する豆まきで、家内安全・無病息災を祈り。

神の方角へ願いと共に食べる太巻きで、千福万来・商売繁盛を祈る。

いつの時代も家族の健康と繁栄を願い、1年の無事を祈る。

日本人は言葉と行動に意味を持ち、その意味を重んじる。

行動には意味があり、古来より続いている習わしは伝統であり独特の和を生む。

風習の中に潜む由来や意図を知り、日本人の和の風習にあらためて目を向けてみると大切な事が織り込まれている事に気付く。

 

鬼の角とパンツ

余談ではあるが、、、鬼のパンツはいいパンツ〜♪ 強いぞ〜♪

こんな歌を幼少期に歌った記憶がある。

そのパンツ、、、なぜ寅柄??

いまでこそトラ柄ヒョウ柄はお洒落アイテムとして定評があるが、流行の先取りにしては早過ぎる・・

角を生やし寅柄のパンツを履く・・・強さの象徴でも無さそうなこの風貌にはちゃんと意味があった。
 

それは“鬼門”

鬼の出入りする所とされる方角は 北東

北東は十二支にあてはめると“丑”“寅”(うしとら)の方角となる

丑・・・うし?

寅・・・とら?

という事で、“うし”の角を持ち、“とら”のパンツを履いているのが鬼スタイルとなったそうな。。。

 

そんなこんなで、節分に関する予備知識を得た所で、

 

1年のはじまりを・・・声高らかに“鬼は外”“福は内”

 

古き良き時代へ思いを馳せ、この風習を今年も行い、1年のスタートとしていきましょう。

 

スポンサーサイト

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 08:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする