カラスに思う

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 08:30

県老施協 監事 加藤 綾子(特別養護老人ホームアミーキ施設長)

 

  数か月前テレビで「券売機カラス」が報道されていた。人なつっこいとても頭のいいカラスだった。その半面かたや「カラス撃退」の悪いカラスも時々テレビをにぎわしている。

最近私の家の近くにカラスが多い。梅雨明け頃には、つがいで子供を守っている様子だった。近くを散歩すると私の後を追いかけてくるのがよくわかった。大きな声で「カアーカアー」と泣きながら勢いよく近くまで下りてくる。思わず手に持っていた袋を頭に当て速足で逃げてきた。そのようなことが何度かあった後日、同じ道を通ったそのとき、さらにカラスの数が増え、つがいの2羽から6羽になっておりさらに行く先に先回りして威嚇してきた。恐怖を覚えたのは言うまでもない。ゴミステーションもかなり荒らされ徐々にあの子供のころに歌った「カラスは山に〜、かわいい目をしたいい子だよ〜」の様子は全くなく憎く怖いカラスに変わった。しかし思うところがありいつからこのような生きるすべとなったのか、気の毒にも思った。安心して山や里に帰れず餌も思うようになくコンクリート化した町におりてこなくてはならない様変わり。動物や植物も住みづらい環境であることは人間も同じかもしれないと、ふと思った。

 毎日35度を超える猛暑、豪雨や地震などの災害も多い。文明はどんどん進化しているけれど緑や自然が損なわれつつある。そのような状況を作ったのは我々の責任かもしれない。だからこそ今、地球破壊を防ぐことができるのも人間である。私たちが自然のなかで安心して生活できるように、小さなことから努力しようと思わせた、カラスの出来事だった。

スポンサーサイト

  • 2018.11.26 Monday
  • 08:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM