バドミントンから学んだこと

  • 2018.11.01 Thursday
  • 08:30

 

県老施協 東毛ブロック長 穂積 茂 (特別養護老人ホーム大泉園施設長)

                                                                                    

 バドミントンの原型は平安時代に中国から伝わる「羽根突き」という皆様もご存知の伝統的なゲームである。現在のバドミントンの原型は1873年にイギリス人が日本でシャンパンの栓に鳥の羽根を刺し、それをテニスラケットで打って見せたのが始まりとされている。それから約120年後の1992年のバルセロナオリンピックからバドミントン競技が正式種目となる。今や日本のバドミントン選手は世界一にまで登り詰めている。

 私がバドミントンと出会ったのは高校1年生のときでした。小学生では野球、中学生になってバスケットボール、いずれも団体競技であり自分が努力してもチームとして成績を上げることができなかった。それなら個人競技のスポーツをしようと安易な気持ちでその高校で1番強い種目のバドミントンを始めました。あまりに厳しい練習のため2ヶ月で挫折。バドミントンから離れ2ヶ月間自分自身を振り返ってみた。やっぱり自分にはバドミントンしかない、もう一度やってみよう」と再度チャレンジすることにした。その後の努力の成果で学生時代には関東全国大会に出場する事ができた。一つの目標達成にも繋がり、何事もあきらめることは簡単にできるが一つの事を最後まで成し遂げることが大切である事を学んだ。

 バドミントンとは自分の人生と共にある。何がそんないいのかとまわりの人は思うかもしれないが、シャトルを打っているときが一番楽しい。自分の思った通りにシャトルを打っても一寸した風にも影響してしまう。相手に対してフェイントをかけてのだまし合い。何が起こるか分からないところにスリルがある。どんな人にも失敗はあるだろう。要はその失敗をどう克服するかである。好きなもので楽しいなら人はだれに命令されなくたって集中するだろう。人はそれをいかに見つけられるかである。正しく私を導いてくれたのはバドミントンである。

 バドミントンを始めてから約40年、何年かのブランクはありますが現在もバドミントンを続けている。今の目的は減量ですが、これからも生涯スポーツとして続けていき大いに成長していきたい。

                                         

スポンサーサイト

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 08:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM