師走に思うこと・・・・

  • 2018.12.01 Saturday
  • 08:30

県老施協 北毛ブロック長 町田 郁子(特別養護老人ホームサザン小川施設長)

 

  平成30年12月、いよいよ「平成最後」の師走を迎えています。

1989年(昭和64年)1月7日に昭和天皇が崩御され、皇太子明仁親王の即位により「平成」を新元号とすることが決定されました。これを発表したのが当時の内閣官房長官小渕恵三氏であり、後に内閣総理大臣になりました。サザン小川のある中之条町出身の小渕元首相は地元の英雄です。

  今年の暮れは誰もが「平成」を振り返っているのではないでしょうか?

  サザン小川は平成18年に設立しました。高齢者福祉の大転換期でした。平成17年の6月だったと思いますが、テレビで小泉首相が「社会福祉基礎構造改革」のもと大幅な補助金の削減を発表したシーンは今も忘れられません。お陰様で、事業計画の見直しは建築資金計画の見直しとなり大変な事態となりました。それは、図面の見直しだったのです。

 長い時間をかけて、「ユニット型施設」や「個別ケア」などたくさん勉強しました。ユニット型施設では導線も大切な要素です。今でも納得のいくものではありません。

ハードがだめならソフトを充実したいと思っても、現実は厳しい状況です。

 さて、新元号はどうなるでしょうか。来年はどんな年になるでしょうか。

福祉に尽力されている皆さんに希望とやりがいを持てる社会になることを期待したいと思います。それが、お年寄りや子供たちみんなの幸せに繋がると信じています。

 来年は亥年です。良い年になりますように・・・

スポンサーサイト

  • 2019.03.01 Friday
  • 08:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM